Archive for 1月, 2015

効率が良い仕事の仕方とは

仕事は、いかに効率を上げるかにかかっています。
なぜならばその結果が、収入に繋がっていくからです。
その肝心の効率をよくするにはどうすればよいかということになりますと、いろいろと考えられるわけでありますがその限られた時間いかに集中できるかということが一つ言えます。
せっかくの時間をダラダラとやっていたのでは必要なこともできていないばかりか、そのため後の仕事にも影響を与えることになるのです。
その肝心な集中力を上げる方法を身に着けることが課題になるわけですが、仕事のできる人の共通点として自分の身の回りが片付いているということです。
デスクの上などに不必要なものがたくさんあったのでは、仕事に集中できるわけがありません。
仕事のできる人は効率が良い仕事の仕方をよくわかっていますので、自分の身の回りから始めていくことをします。
集中力を身に着けるために日々、欠かさぬ努力も行っているものです。
自ら掃除を徹底して行うという人が、多い傾向にあります。
なぜ掃除をするのかと言いますときれいにすることは前提なのですが、掃除をすることによりものすごく集中力を身に着けることができると実証されているのです。
実際に掃除をやる前と後では、数倍の集中力が身についているものです。

ストレスを溜めない仕事法

仕事に関し、ストレスを抱えている人が少なくないのが現代社会の特徴です。
ストレスを溜め込んでしまう原因として、仕事を完璧に行おうとする、相性の合わない人と真剣に向き合ってしまうことなどがあげられます。

ストレスが溜まってしまうと、集中力の低下を招いたり、仕事を行う時間が長く感じてしまったりします。
場合によっては心身の不調を招いてしまうことにもなりかねないです。

仕事を行なう上において、ストレスを溜めない仕事法を知っておく必要があります。
何事も全力で行おうとすると、心身ともに疲弊してしまいます。
疲弊を防ぐためにも、力を抜くところを見つけ、手を抜くところは軽く流してしまうようにします。

上司や同僚と意見が合わず、主張や考えが採用されない場合には、譲れない部分のみ絞って意見を主張するとストレスが軽減されます。

仕事でストレスを溜めてしまう人は、一人でやろうとしてしまう傾向があります。
仕事でできないことがあれば、一人で抱え込まずに上司や同僚などに尋ねたり、場合によっては助けを求めるのが望ましいです。

仕事を行う上で一番大切なのは、自分のペースを守ることです。
相手を気にするあまり自分のペースを崩してしまうと、ストレスを溜めてしまうだけです。