Archive for 2月, 2016

男性機能と睾丸の健康維持に役立つうなぎ料理

睾丸とは一種のタンクです。
男性機能が正常に動作している限り、自動的に精液が睾丸に貯蓄されます。
精液の生成は主に思春期以降から始まります。
精通がそのきっかけであり、大人の男性に近づいたサインです。

男性機能は20代をピークに徐々に減衰し始めますが、睾丸にはきちんと今までどおり精液は貯蓄されていきます。
健全な男性であれば三日ほどで精液は満タンになります。
いわゆる禁欲を貫いても睾丸に100パーセント以上の精液は貯蓄出来ず、溜めきれない分は自然と体内に取り込まれます。

男性機能は30代以降、目に見えて減衰する事がありますが、男性ホルモンの分泌は本人が余程の大病に冒されない限り、高齢になっても継続します。
実際に70代、80代でもお盛んな男性はいますし、海外では高齢で父親になった人々もいます。

また男性機能の状態と睾丸に貯まる精液量は、普段の食事によっても大きく影響を受けます。
うなぎは特に男性機能に良い食品とされ、夏バテ防止や妊娠成就を願う人々に最適な一品です。

ビタミンB群を筆頭にビタミンA、ビタミンE、ミネラルが含有されており、
うなぎを毎週食べれば、疲労を回復した状態で性生活に挑めます。
丼や蒲焼き等、うなぎは料理方法も豊富ですから、毎週週末食べても、案外苦痛にはなりません。
白身魚ですので、高栄養価ながらもサッパリした食感であり、他のスタミナ系レシピに比べて非常にヘルシーです。

ただ、うなぎは男性機能をサポートする料理として非常に有名です。
毎週うなぎの匂いを漂わせていると、非常にお盛んな夫婦と見られてしまいますので、時には冷凍うなぎを使う事や出前のうな重を取る等、ちょっとした工夫も必要かもしれません。